スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言葉が見つからなかったこと
小1からの幼馴染の親友へ久々にメールをした。
そういえばこのところ連絡してないし
そろそろ会いたいなーと思って。

彼女とは今は住まいが少し遠くなったけど、
職場がウチの方面なので時々食事に行ったりして
会っていました。

すると“先日脳の検査で引っかかり
再検査を受けることになったため
結果が出るまでは落ち着かない。
出たら連絡する”という返事がきました。

彼女は複雑な家庭環境で育ったので、
人の何倍も怖がりで心配性で不安を感じる人。
ちょっと待ち合わせに遅れたくらいでも謝り続けて
私が冗談で怒るくらい。

ある病気で手術をする前に行った検査で
脳の血管が細い部分があることが判明し
医師に『麻酔で血管に影響が出る場合がある』
等と言われたことがあり、加えて数年前にお母さんを
くも膜下出血で亡くしているため、脳に関してはとても敏感。
だからとても怖がっていた。

私は“ちょっとおかしいと思われる部分が見つかって
逆に良かったじゃない。しっかり診てもらったら安心できるよ”
と、メールを返しました。
いくら脳の血管が細い箇所があると言っても
普通に生活していて、仕事もちゃんとしていて
体を動かすこともしていて、医師から大丈夫と言われていたし
きっと何もないだろうから気を落とさないで、
あまり考えすぎるとよくないから、と。

再検査の結果が出たらすぐ連絡をくれることになっていた。
そして再検査の結果が出る日、彼女はちゃんと連絡をくれました。
難病指定のある病気と診断されてしまった、という内容でした。

倒れたわけでもなく脳内出血が見つかったわけでもなく
不調を感じることもないので、それだけは幸いだけど
そんなことは関係ありません。
本人にはとてもとても大変なこと。
治るのかどうかわからない病気になってしまったのだから。

“こんなときに母親がいないことがつらい。つらい。つらい。”
旦那さんがいても、こういうときには
やはり母親が必要なのだと痛感した。
私には母親がいないつらさがわからない。
難病だと診断されたその不安さがわからない。
助けられない。

私はもっと気楽に考えていた部分があった。
よくない箇所が見つかったにせよ、
病気とまではいかないだろうと思っていたのを
申し訳なく思います。
ごめんね。
この期間とてもとても不安で泣いてたんだよね。
簡単に考えていて本当にごめん。

ものすごく大雑把にしか知らないその病気を
私なりに理解するよう勉強します。
気休めの相手でいいからもっと気持ちを理解できる
友達でありたいと思いました。

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

お友達は大変な病気だったんだね
でも、ちゃんと病気がわかって良かったと私は思うよ。
私が言うのもなんだけど、一応「難病」の娘を持つ母としては、まりりさんの彼女への
配慮はそれで良かったと思うよ。
うちの場合は娘よりも親の方がオロオロしたんだけどねっ。(まだ赤ちゃんだったし)
「普通」「今まで通り」に接してあげるのが一番だと私はおもうけどな。
私の場合は娘の事を「病気を持って産まれた来た可哀想な子」って言われたくなかったんだ。
だって、うちの子は「可哀想な子」じゃないんだもん。
この親・この子だからこの病気なんだ!って。
うまく言えないけど…
彼女がこの先、自分の病気をどう受け止めて病気と付き合っていくか心の整理をつけるまでは
大変だとおもう。でもまりりさんは今までどおりに接してあげるのが一番いいとおもうよ。
あっ!ウチの娘も現在の医学をもっても「完治」することはないんだぁ。。。この先いつどうなるか誰にもわからない。でも「今」を精一杯生きてほしいって母は思ってます。
彼女もきっと偶然にしろまりりさんからのメールは嬉しかったと思うよ。
虫の知らせ。って言うのかな。
なんだか、へんてこな文章になっちゃってすんません
彼女が話したいときに聞いてあげられる、そういう相手にまりりさんがなってあげられたら
多少は彼女の心の負担が軽くなるかもしれないね。
まりりさんの、なんとか力になりたいという気持ち、それが彼女の頑張る力になると思う。
母が病気になったとき、とてもつらかったけど、私は、会う人会う人に病状などを喋り捲っていたの。
あとで思うと、それを聞いてくれる人がいたことは、いろんなことを乗り越える助けになったよ。
まりりさんが、お友だちにメールでも電話でも、たまに連絡して話を聞いてあげるといいと思うよ。
無理に励まさなくてもいいと思うよ。話を聞いてあげるだけで負担が軽くなるよ。
まりりさんも辛いだろうけど、頑張って。
ここにコメントするの・・・ちょっと迷った・・・・
だって、私も言葉が見つからなかったから・・・
でも、私なりに思うこと、書くね。
お友達の病気・・・大変だったんだね。
私はどちらかというと楽観的に考えてしまう、というか考えたいと思っていていつでも「大丈夫」って思って生きてます。
私にも母親のいないつらさや難病と診断された不安はわからない。
だけどね、お友達のことを理解しようとする気持ちは絶対に伝わっていると思うし、そんなまりりさんにだからお友達も病気のことをきちんと報告してくれたんだと思うよ。
一緒に泣いてくれる、心配してくれる、つらい気持ちを聞いてくれるそういうお友達でいること、そして「だいじょうぶだよ」ってはげましてくれることが、絶対にこれから病気と闘っていくための励みになると思う。
ぶ~さんも言ってるけど、今までどおり、ほんとこれでいいんだよ。
まりりさんらしく、まりりさんのやり方でお友達のことを応援していくことが一番いいと思う。
まりりさんがつらくなったらまたここで吐き出してくれたら、私いつでも聞くよ。
だから「大丈夫」。まりりさんもがんばってね。
みなさま、まとめてしまってごめんなさい;
これに関しては思ったことをつらつら並べてしまったので
お返事があまり思いつかないのです。
短文で、しかも文章が混乱してて申し訳ありません。
・・・なんか私が励まされてるな(^_^;)
>ぶ~さん
母親の立場から難病というものをみているぶ~さんだからのお言葉ですね。
うんうん、仰りたいこと、よく解ります。
彼女にもお母さんがいたらどんなによかったのかとつくづく思います。
最近仕事が忙しくて全然会っていないので、心配は心配なのですけど
今も普通の生活ができていることはよかったなと思っています。
あとはちょっときついことを言えば、彼女がもう少しだけ強くなってくれないと
病気をやっつけられないので、頑張ってもらいたいな。
でも頑張って、は重荷になる場合もあるので、言わずに愚痴でも弱音でも聞いていきたいです。
>すいすいさん
そういう相手でありたい、と思います。
いつでも話がしたくなったら弱音を吐きたくなったらなんでも言えるような友人で。
彼女はあまり筆まめじゃないのでメールもいつもすごく短くて
たまにしか送ってこないんですけど、こっちからちょくちょく連絡して
ほんの少しだけでもいいから楽な気持ちになってもらえたらいいかなと思います。
すいすいさんには彼女の気持ちがわかりますものね。
>うたまろさん
私はすっごくネガティブに考えるところがある反面、うたまろさんと一緒で
いつも頭のどこかに「だけどどうにかなるさ」っていうのがあるので
深く悩んでるようでいて、実はそんなに悩んでいなかったりします。
彼女は不安定な部分がありますが、ポジティブなところも多々ある子なので
頑張ってくれると思います。
楽観的になれとは言えないけど、そういう風に考えられるようになってくれたら
いいなと願ってます。
こんばんは
昨日から何回もお邪魔してはコメントを記入しようと思うのですができませんでした。
私の周りには大病した人っていうのは父(生きてますよ)しか知りませんし、その時も別に命に別状はないと思っていたのであまり深刻に考えた事ってないのでまりりさんになんの助言もできないからです。
私がその立場になったらやっぱりまりりさんが思うことしかうかばないし、でもそれでいいとも思ってます。
なんか変ですが、まりりさん、がんばってね
P.S お返事はいいですよ。
温かいコメントをありがとうございました♪
って私が言うのもヘンなんですけど。
それだけで十分です(^^)
私なりに米粒ほどの気休めにでもなるように努めます。
これ、ごらんになったなと思った頃、削除しますね。
Profile

まり

Author:まり
B'z大好き・稲葉さんLoveな
東京・田舎方面生息の会社員♀

ハワイが心の故郷♪
2012年4月から柴ワンコが家族になりました。

Calendar+Archives
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Entry
Category
Comment
RSS
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter
Seach
Link

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。